アキのガジェット・ガジェット

ガジェット・おもしろグッズ・パソコン関連商品についてとやかく言って検証したりします

【文賢】Webライターがライティングを時短するためのおすすめツール

最近は副業OKの会社も増えてきて、手軽に収入を増やせるようになりました。

副業の中でも、パソコン一台とインターネットがあれば収入にできるWebライターが人気があります。

たいていは1文字何円(文字単価)という条件で、3,000文字や5,000文字などの記事を書いていきます。

依頼者(クライアント)は、出来上がった文章を自分や会社のサイトに上げます。

しかし、良い記事をかかないとクライアントのOKは出ませんし、文字単価も上がりません

Webライターの仕事

Webライティングの仕事

Webライティングの仕事

文章を書く人をWebライターと呼び、サイト用の文章をつくることをWebライティングといいます。

さらにグーグルで検索した時に上位に上がる書き方を、SEOライティングといいます。

筆者はWebライティングも株もやってますが、株やFXのように不労所得で儲かるような仕事ではなく、地道な作業が続きます

ただ、ライティングはお金が減ることはありません。

 

ところで、1記事作るのには以下のような作業が必要です。

リサーチ

Webライティングのためのリサーチ

Webライティングのためのリサーチ

Webライターは、たいていは記事タイトル見出し(章)などをいくつかもらい、執筆にかかります。その前に調査が必要です。

例えば「auひかり回線を契約するのにはどの業者がお得?他社光回線との差は?」などというタイトルで仕事をいただいた場合。

まず、ややこしいインターネット回線の割引キャンペーンや契約期間などを調べ上げます。

さらにauスマートバリューという携帯電話の割引をパターンごとに調べ、さらに解約時の撤去工事費などを調べていきます。

しかも「他社との比較」をしなければならないため、ドコモ光とドコモ携帯、ソフトバンク光とソフトバンク携帯と、同じようなことを狂いそうになりながら調べます。

これをリサーチといいます。リサーチしてだいたいデータが集まったら、やっと文章を書き始めます。この辺はとても時短したいところです。

ライティング

Webライティング

Webライティング

タイトルと大見出しくらいはもらいますが、細かいところは自分で考えていきます。

このデータは表にすべきか箇条書きか、あるいは文章でいいのか。

挿絵を入れるべきか、文章はその下か。

インターネットでさらっと読まれる文章でも、苦労して書かれているのです。

推敲(すいこう)

推敲(すいこう)

推敲(すいこう)

推敲とは

文章を書いた後、字句を良くするために何回も読んで練り直すこと」を「推敲」という。Wikipedia より引用


文章をよく読んで訂正をすることです。推敲と同時に誤字・脱字を直す校正も行います。よく考えないといけないためこれも時短したいところです。

スマホでも読みやすいように、3行以内に改行を入れたりします。

クライアントによっては記事のアップまで

多くのクライアントがそうですが、マニュアルに沿って文章をチェック(画像を何枚使っているか、太字・下線などを何回使っているかなど)し、インターネットに公開する寸前のところまでやります。

ここでクライアントが確認しOKが出れば、記事は世にでます。しかし、たいてい少し修正が入ります。

一番大変な作業は

一番大変なのは最初のリサーチ

一番大変なのは最初のリサーチ

一番大変なのは最初のリサーチです。

ライティングは慣れればたいしたことありません。

そして次に大変なのが推敲の部分です。

文章にねじれはないか、否定の否定はしていないか、「ですます」の統一はもちろんのこと、「ですです」の繰り返しはNGだったりするため、言葉を言い換えます。

時短したいのはリサーチ部分ですが、これはどうしようもないです。

次に大変な推敲の部分、ここが時短できれば時給があがります。

「文賢」とは

文賢とは

文賢とは

文賢は、新しい文章作成のアドバイスツールです。文章をさまざまな視点がらチェックしてくれます。

文賢がチェックしてくれること

文賢は以下のような点で文章をチェックしてくれます。

  • 読みやすさ
  • 句読点、改行のバランスなど
  • わかりやすさ
  • 表現方法について
  • 不快語は使ってないか
  • 誰かを傷つけないか
  • 読み手に配慮しているか
  • 誤記をしていないか
  • 知らないと恥ずかしい漢字をつかってないか
  • 誤字脱字はないか
  • スマホでも読みやすいか

文賢のメリット1

文賢を導入するとこのようなメリットがあります。

文章の改善点を指摘してくれる

アドバイス、例文が表示されます。また、代わりに「推敲」をして文章を読みやすくしてくれます。

言葉のぶれ「いう」「言う」「引越」「引っ越し」などもチェックしてくれます。

自分で文章をながめてチェックしなくてもよいため、大幅な時短となります。

文章の改善点を指摘してくれる

文章の改善点を指摘してくれる

このような点もチェックしてくれます。

文章の改善点を指摘してくれるツール【文賢】

文章の改善点を指摘してくれるツール【文賢】

これを人間がやるのは大幅な工数がかかります。できれば機械にやってもらい、時短したいです。 

 

【文賢】Webライティングの時短のために
    ↓↓

すべての人の文章の改善点を指摘してくれるツール【文賢】

 

校閲

誤字脱字のチェック

誤字脱字のチェック

誤字脱字のチェックをしてくれます。「食べれる」→「食べられる」などの口語もチェックします。

アドバイス

チェックリストを作成し、チームで見ることができます。

文賢のメリット2

言い回しや文章表現などを提案してくれます。

ベストセラー書籍を多数生み出している「株式会社ウェブライダー」のコンテンツ制作チームが、実務ですぐに使える表現力豊かな「文章表現」や「言い回し」をそろえました。3,500以上の文章表現の中から、文中にある感情や行動を表す言葉に対して、関連した表現が自動でレコメンドされます。


文章を書くストレスが大幅に減り、文章を書く楽しみを再発見できる機能です

文賢公式サイトより引用

文賢のメリット3

チームで使うことができます。企業のルールに合わせて設定できます。

文賢ではすべてのユーザーに適用される『オーナー辞書』と、ユーザーごとに適用される『ユーザー辞書』があります。このふたつの辞書を切り替えることで、文章を柔軟に編集していただけます。
文賢公式サイトより引用

まだまだ機能はあるのですが、割愛させてもらいます。

文賢の導入企業

文賢は、以下のような企業で導入されています。

文賢の導入企業

文賢の導入企業

文賢の導入例

株式会社ニッセンの例

株式会社ニッセンの例

株式会社ニッセンの例

どんな文章を書くときも、必ず文賢を通すようになりました。今、20アカウント契約させていただいており、文章を書く機会の多いチームはみんな文賢を使っています。(メディア編集者)

文賢公式サイトより引用

 

引用文賢は、ただ指摘するだけでなく、きちんと改善点を教えてくれる校閲や推敲機能で指摘されたとき、コメントに例文が表示されるところがいいですね。 (カスタマーサポート)

文賢公式サイトより引用

 

【文賢】Webライターの作業の時短におすすめ

   ↓↓

すべての人の文章の改善点を指摘してくれるツール【文賢】

 

まとめ

Webライティングで受けている仕事は1文字1円と安いので、2万文字書いてやっと2万円なのです。

2日くらいで出来上がれば副業としてなりたつのでしょうが、以前は一週間近くかかってしまい、時給に直すと数100円。残業したほうがよっぽどマシでした。

しかし「文賢」を使って推敲・校正を大幅に時短すれば、Webライティングの仕事も成り立ちます

初期費用が10,800円、月額たった1,980円。自分で悩む時間が大幅に減らせるため、月1,980円はコスパ抜群、元が取れます。

これからのWebライターは、チェック作業を機械にまかるべき!

 

【文賢】Webライティングの時短のために

   ↓↓

すべての人の文章の改善点を指摘してくれるツール【文賢】

 

【あわせてよみたい】

fuku-utsuo.work

darashina.hatenadiary.com

【チェック】

fuku-utsuo.work

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ポチしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 PC家電ブログへ